So-net無料ブログ作成
検索選択

Akeboshi Diary

Modfather ポール・ウェラー [Akeboshi]


友人のスティーブ・ピルグリムが

ポール・ウェラーのサポート ドラマーとして来日した。




渋谷AXとサマソニ(東京)でのライブ。

どちらも素晴らしい内容だった。




まずはポール・ウェラーの存在感が凄すぎる。

さすがUKロック界の兄貴分。

平凡な言い回しだが遠くからでも大きく見えた。




スティーブは歌うドラムを叩ける数少ないドラマー。




うまく説明できないが、リズムの訛りというか

グルーヴが歌っている??

たぶんジャズとかを点で叩ける人の真逆にいる感じ。

ブリティッシュ・ロックには不可欠なものをもっている。




それと理由あって、この男は毎日を命がけで過ごしている。

無駄にできる時間がない。プレイにもそれが出ていると思う。

いつも本気だ。活力に溢れている。

観るといつも何かを感じさせられる。






サマソニ(東京)の後、宿泊先のバーで「打ち上がる」から

と誘われ、メンバーと車でホテルへ。




思ったよりクルーは少なく、ウェラー氏は陽気で紳士的な

人だった。




この伝説的な男にビールをおごってもらう日が来るなんて

夢にも思わなかった。




一生忘れられない日となった。






乾杯。













Paul Weller (http://www.myspace.com/paulweller)

Steve Pilgrim (http://www.myspace.com/stevepilgrim)




スティーブ・ピルグリム…リバプール出身。留学時代の友人だが、学校で出会ったわけではない。ドラマー、ギタリストとして「Colorful drops」「Meet along the way」「Roundabout」に参加。41/4 拍子の「神様の舌打ち」の共作者。最近では彼名義のアルバム(日本未発売)でも共作中。マイスペの2曲目と3曲目。

リバプールでは1年以上もただの顔見知り状態だったが、今では貴重な親友の一人。一般的にイギリス人よりアメリカ人の方が

フレンドリーな人が多い。一方、親しくなるには時間がかかるが

一度仲良くなると、とことん情に厚いのがイギリス人だ。







nice!(0)  トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。